活動報告

厚木市民にとって住み続けたい「まち」づくりを実現するために、行政への働きかけの一環として、これまでに厚木市議会にて次のような一般質問を行っております。

2021年2月議会

質問項目質問内容取組状況
生産緑地制度について特定生産緑地制度への確実な移行と有効活用を提案移行手続きの取り組みは他市町村と比較して早い。特定生産緑地へ支援策は今後の検討課題
障がい者施策についてALS(筋萎縮性側索硬化症)患者への意思疎通支援用具の補助を要望令和3年4月から補助対象に追加された

【関連記事】
 あつぎ市議会だより第253号(令和3年5月1日号)
プラスチックゴミについて森の里のペットボトル、缶類の収集方法の変更にかかる実証実験について令和3年2月2日から実証実験を開始。
9月末まで実施して検証する
「もえるごみ」から「もやすごみ」への名称変更を提案令和3年度中に検討する旨の回答あり。結果待ち

2020年月12月議会

質問項目質問内容取組状況
新型コロナウイルス対策について新型コロナの第3波への対応状況(医療体制整備、備品確保等)の確認十分との回答あり。⇒実際には第3波の感染拡大は予想以上で結果的には対策が不十分であった
ナラ枯れ対策について来春までの予防・駆除の対策と予算措置を提案提案通りに予防と駆除を実施中(補正予算で1億2千万円増額)

【関連記事】
 あつぎ市議会だより第252号(令和3年2月1日号)
地域包括ケア社会の実現について次期総合計画への反映各種総合計画の主要項目として「地域包括ケア社会の実現」が追加された
市役所内に全体統括する専任部署の設置を提案福祉部内に専任部署の地域包括ケア課が新設された
民生委員の負担軽減(人数増加、他支援機関との連携強化)について負担軽減(当て職の見直し等)に向けて検討する旨の回答あり。結果待ち
市主導による市民協働の具体的方策を具体策を検討中

2020年9月議会

質問項目質問内容取組状況
家庭ごみの収集の現状と今後の対応について家庭ごみの収集について全般的な質問市としての方針・方向性・取組状況の確認 ⇒生ごみ処理機は令和3年予算に計上された
電子図書館の開設についてあらゆる世代に有効な電子図書館の実現を提案
令和3年10月開設を決定
(令和3年度予算:700万円)

【関連記事】
 あつぎ市議会だより第251号(令和2年11月15日号)
 タウンニュース 2020年11月6日号掲載

2020年6月議会

質問項目質問内容取組状況
中小企業・小規模事業者への支援策について新型コロナの支援策を要望中小企業(接骨業、整体業含む)への市独自の補助金の支給を実現(令和3年度中に3回実施)

【関連記事】
 タウンニュース 2020年8月14日号掲載
旅館等の宿泊業への支援策を実現
情報システムの高度化と利用促進について市役所の各種申請手続きのデジタル化の推進を提案菅政権が国と自治体のデジタル化を表明したことで、市も各種申請手続きのデジタル化の推進を表明
更なるデジタル化に向けたHPを見易い内容に提案令和3年度に市のHPを見易い内容に改善された
災害時の通信確保のため公民館のWifi環境整備を提案南公民館は令和3年3月に設置済み。残りの14公民館は令和3年度中に設置予定

【関連記事】
 あつぎ市議会だより第250号(令和2年8月1日号)掲載
新型コロナ対策としての市役所職員のテレワーク環境整備を提案補正予算で市役所のテレワーク環境整備のモデル実施を決定⇒令和3年から一部実施済み

2020年2月議会
<新型コロナの影響で一般質問は中止>

2019年12月議会


質問項目
質問内容取組状況
街路樹の管理について街路樹の巨木化と古木化の対策について市内の街路樹の剪定、更新などの整備が進んでいます
舗道の根上り等の対策についてセントラルビューハイツ前~森の里病院までの舗道を整備済み。その他は今後実施予定
鳥獣被害について豚コレラ(CSF)のワクチン接種を提案市⇒県⇒国に要望書が提出され、年末から養豚全頭への豚コレラのワクチン接種が実施された
台風で被害を受けた防護柵の早期修繕を要望令和3年度中に防護柵の総延長(約15km)の修繕を完了
厚木マラソンについて高齢者、女性などの市民が参加し易いように制限時間の緩和を提案制限時間の緩和を検討中
 →新型コロナで中止

2019年9月議会

質問項目質問内容取組状況
市庁舎の建替えについて中町立体駐車場の建替えと有償化を質問みどり公社が建替えを理由に明確な回答無し
(その後、中町立体駐車場の建替えが白紙撤回)

【関連記事】
 あつぎ市議会だより第247号(令和元年11月15日号)
人と車の動線の明確化を提案人と車の動線を提示したももの具体策が不明確なまま推移
新型防災ラジオの普及促進減額化と普及促進を提案無償化、減額化は実現しなかったものの予算枠の維持拡大
配布時期の前倒し(11月⇒7月)を実現

【関連記事】
 タウンニュース 2019年10月25日号掲載(意見広告)
タイトルとURLをコピーしました